本文へジャンプ
コラボ企画 ・・・ 関東学院大学

 横浜市工業支援センターによる「産官学連携支援」として、関東学院人間環境学部との、新商品開発プロジェクトを推進しました。

【関東学院大学】
【商品発案者ご紹介】
   
 高橋美樹さん      武田美樹さん

お2人は大学内にてコンペを行い、
優秀なアイディアを提案して下さいました。
現在は大学を御卒業されております。
ちょことおやつシリーズは、
イッツデモ、かながわ屋にて好評発売中。
新商品は今秋発売に向けて制作中です。ご期待下さい。
2011年7月8日(金)
・今回『西久の製品を対象とするデザイン企画』を、関東学院大学人間環境デザイン学科の学生がコンペ形式で行ってもらう為、公開ヒアリングを行いました。公開ヒアリングには、讃井教授、神野教授、フードディレクターの奥村文絵さんをはじめ、約30名の学生が集まり開催されました。

・始めに神野教授より、コンペの概要について説明があり、続いて当社(入沢)より取り扱い商品や種類、価格帯や販売先などの説明をしました。
続いて、フードディレクターで関東学院大学非常勤講師を務める奥村文絵さんより、商品企画コンペのポイントについて説明していただきました。そして、参加する学生に対して「このコンペを通して、乾物業界を変えて欲しい」とエールが送られました。

・最後に、実際に西久の製品を手にとり、試食をしながら学生から社員への質問や感想など意見を聞く事ができました。




■2011年8月23日(火)
・今関東学院大学のコンペに参加している学生約30名の内、12名と神野教授と大学関係者、横浜市工業支援センター産官学担当、日刊食料新聞社より代表取締役木村様を迎え、工場の見学会を行いました。

・始めに本社である川崎市中央卸市場に集合し、市場見学と西久製品を見てもらう事にしました。
熱心に商品を手に取ったり、写真に収めている学生もいました。

・その後、本社より歩いて10分程の工場まで行き、工場長(吉田)より見学前の予備知識として工場で行う一連の動きの説明をさせて頂き、2班に分かれて見学する事になりました。

・工場内の各作業場に立ち止まり、工場長より説明し学生からの質問を受けました。
若い学生達が高い関心を持って質問している姿を見て、改めて期待感が膨らみました。

・各作業場を回った後、あまり体験できない冷凍庫内を見てもらい、最後に神野教授より学生達へ一言を頂き終了となりました。

・今回、学生達には新商品開発アイディアを出してもらうにあたって、自社工場で出来る事(袋詰め、トレーパック、簡単に混ぜ合わせられる商品など)を見て聞いて出品してほしく開かれた見学会でした。
さらに、自社で製造できない物であっても、協力会社を探し依頼する方法で製造が可能となるので、アイディアを出してほしいとお願いをしました。 以上、今回の見学会に参加してくれた学生達、神野教授に感謝すると共に、大きな期待感でいっぱいです。







2011年10月6日(木)
・今10/6日にプロジェクトのコンペ選考会が関東学院内で行われました。
讃井教授、神野教授を始め、フードディレクターの奥村文絵様、デザイナーの三木俊一様と、当社、社長(西岡)を始め、社員4名が参加しての選考会となりました。
・今回のコンペ選考会には、パッケージデザイン案や、キャラクターデザイン案、売場デザイン案など8作品の出品がありました。
全員が一作品ずつ、企画書やサンプルを見ながらの審査となりました。
・最終審査は、各自で良いと思う3作品を発表し、一等は全員一致で決まりました。
1等1作品、特別賞1作品、2等1作品となりました。
今後1等作品は、当社で製品化出来る様、生徒、教授、奥村様、三木様、当社と具体的に詰めて行く予定です。
・今回のコンペ作品には、1等作品の他、製品化出来れば良いと思わせる作品もあり、今後の製品開発に大いに参考になりました。
・色々と考えてくれた学生に感謝いたします。最終完成品になるのが待ち遠しいです。

※写真提供は関東学院公報、新井様より頂きました。





2011年10月19日(水)
↓授与式の様子
 

・10月19日、関東学院大学人間環境学部で製品化に向けてどの商品にするか、学生を中心に、教授、フードディレクター、デザイナー、横浜市工業支援センター、当社社員の 14名が参加して打ち合わせを行いました。
・今回1等になった学生により、作品のコンセプト・販売イメージを詳しく説明して頂き、この作品への思いも話してもらいました。
・そして、今回の打ち合わせの本題は実際に販売する商品の選定でした。
コンセプトに合わせ当社より売価に合うサンプルを作り、試食をしながらの選定会となりました。販売するならどの素材がいいか、学生に4品目選んでもらいました。
・今後は味やデザインの修正を行い、できれば卒業までに販売開始にしたいと思います。
・次回、味付の修正品を持って再度検討したいと思います。






2011年12月15日(木)
・今10月の表彰式と販売する商品の選定で決まった4品のうち、先行して販売する2品(さくさくわかめ、いわしせんべい)の味付に関する打ち合わせをしました。

前回選ばれた商品は、現在販売されている商品で、今回のコンセプトやデザイン又は売価帯、販売先の変更だけでは発売のリスクが大きいと言う点から味付を変更する事になりました。

今回さくさくわかめには梅味(薄味や酸味を強くしたものなど)と、いわしせんべい(七味風味、わさび風味、ブラックペッパーなど)数品を持って行きました。
・今回は、味付の方向性が決まり充実した内容の打ち合わせとなりました。
そして、新たに袋のサイズ変更にともない、デザイン変更と商品案内のパンフレットの作成をお願い致しました。
■2012年2月8日(水)
・今回は、まだ決定していないいわしせんべいと、味付の完成したさくさくわかめ梅味の打ち合わせとなりました。
難航しているいわしせんべいは、やはり風味を残すことが難しくなかなか決まりません。再度調整のし直しを行います。

2月1日〜2月3日に行われた横浜市主催のテクニカルショーヨコハマに、横浜市工業支援センター様のブースで、この企画を紹介して頂けるとの事で、出展用のデータを頂きました。
1月25日の日経新聞でも紹介され、この企画に対して興味を持って下さる方が増えればと願っております。

この学生達による企画デザインを大いに期待しております。




copyright@2013 NISHIKYU Co. all rights reserved.